Header image

交通インフラ

大規模なインフラ整備事業には交通計画が深く関わっています。その管理に携わる顧客に対してIACでは、コンピューターや通信技術、標準化、資金調達、組織的体制作りなど様々な分野が関連する交通システムに関し、優秀な専門家と協力し、地域、国家、国際レベルの比較研究を行い、具体的な最新情報を提供しています。

欧州におけるITS(高度交通システム)の基礎調査:

フランス、ドイツ、イタリア、イギリス、オランダなどを中心に、欧州各国におけるITS全体の動向を調査。資金、制度面、標準化、アーキテクチャ、研究配備、その他ITSアプリケーション全般にわたる基礎調査、および自動スピード制御システム、ロードプライシング、大型車走行管理、ETC、テレマティックス、対中国戦略等に的を絞った調査など。

米国におけるITSの基礎調査:

米国連邦政府によるITSの全体的取り組みを調査。ITS配備推進初期の取り組みの一環として行われた米国4都市のモデル配備事業、TEA-21のもとでのITSの取り組み全般評価から、アーキテクチャと標準化、教育訓練と技術支援、ETC、高度交通管理システム、高度交通情報システム、テレマティックス、DSRC、車載器技術などのアプリケーション等に的を絞った調査まで。

米国における道路交通行政:

連邦DOT以下FHWA等交通行政機関の組織や制度の整理、戦略計画、交通資産管理、FHWA(連邦道路庁)の組織改革、州レベルも含めた業績評価の取り組み、その他道路行政の問題点等を調査。連邦、州政府機関等への訪問調査、ケーススタディ、日米国際協力体制構築支援なども実施。米国内で報道されている道路行政関連のニュースや最新情報の配信。

長期交通法案の動向調査と内容分析:

米国の6ヵ年交通予算法案の立案から成立までの過程において、政府および議会の動き、関係者の意見、法案の内容、米国の予算制度と財源制度の解説、法案に盛り込まれた新施策の解説、予算レベルの比較など。特設のウェブサイトにて最新情報の提供。

日米公共事業比較:

日米における、公共事業費全体に占める道路事業費の割合の比較、その社会的、経済的効果の分析。1980年から最近までの連邦政府の予算データ分析、公共事業予算の抽出、日米の経年変化比較分析等。

米国西部の業績評価:

連邦および州政府、特に交通担当省庁における業績の指標化、評価、業績アップと効率化、アカウンタビリティ向上への取り組み等に関する調査、現地訪問、インタビュー、特設ウェブサイトにおける最新情報提供。